施主が工事を頼むとき

トラック

注意したいポイント

名古屋で住宅を建て替えるときは、ハウスメーカーなどの建築会社が解体工事を発注するのが一般的です。しかし、家を壊し更地にしてから土地を売却する場合や、中古物件を購入して家を新築する場合などは、施主自身で解体工事を依頼することになります。名古屋に多数ある解体工事会社の中から選ぶ際には、いくつか気をつけておきたいことがあります。まず見積もりを取っていくつかの業者を比較するのが一般的ですが、見積もり前に解体現場を見てもらうことが大切です。同じ坪数で同じような造りの住宅でも周辺環境は1軒1軒違うものです。重機や廃棄物を載せるトラックが進入できるのか、養生はどの程度必要かなどは現地を見なければ分かりません。また、解体工事費用一式という見積もりの場合は、明細まで求めると安心です。さらに、これ以上の追加費用は発生しないということを確認すると良いです。それから、マニフェスト伝票の保管も名古屋の解体工事では重要になります。マニフェスト伝票とは廃棄物の処分方法を明記した履歴書で、解体業者は5年間の保管義務を課せられています。施主に渡す義務はないものの、求めれば見せてくれる、もしくはコピーをくれるのが普通です。それに加えて、工事中に近隣住民に迷惑をかけたときに、最低でも5000万円の保険金が下りる賠償責任保険に加入しているかも確認すると良いです。なお、解体工事が始まる前には名古屋の解体業者と一緒に周囲の家庭に挨拶しに行くと、工事を円滑に進めることができます。

Copyright© 2017 家屋解体を検討しているなら必要な情報を要チェック! All Rights Reserved.