家を壊す時の責任の所在

重機

近隣に根回しをしておく

誰も住まなくなった家は放置しておくと固定資産税がかかるだけでなく、不法侵入者などによって火災が引き起こされる危険があります。家を解体して更地にした方が不動産業者に売却する時に有利です。神奈川県のように人口が多いエリアでは高齢者が住まなくなった空き家がたくさん出てくるので、子供や関係者は事前に対策を考えておくことが大事です。家を取り壊す場合は解体工事の業者に依頼します。その前に知っておくべきことは、解体工事の発注者が工事責任者になるということです。親の住まなくなった家を長男が解体工事業者に依頼する場合、長男が工事責任者になります。もしも解体工事中に工事責任者の不注意による事故が起こると、賠償責任などがのしかかってきます。例えばブロック塀を取り壊す時に隣家から苦情が出た場合、工事責任者の責任になります。事前に隣家に挨拶して了解をとっておくなどの事前準備をするわけです。神奈川県でも都市部の住宅密集地などで解体工事を行う場合は特に近所への挨拶や理解を求めておくことが必要です。もし不安な場合は神奈川県の役所へ出向いて、解体工事に関する相談をしてみることです。また親が暮らしていた家などは敷地が借地の場合があります。神奈川県の都市部にはそのようなケースがかなりあります。そのような時は地主とあらかじめ相談して、土地を返却する場合の方法について打ち合わせをしておくべきです。聖地後の状態を確認しておけば、解体工事もやりやすくなります。

Copyright© 2017 家屋解体を検討しているなら必要な情報を要チェック! All Rights Reserved.