建造物の解体を業者に依頼

作業員

直接契約でコスト削減

一般住宅や店舗・オフィスビルなどの建造物は、使われなくなったり古くなったりした場合に解体する必要があります。神奈川県でも解体工事を実施できるのは、建設業許可を得ている業者か神奈川県知事より解体工事業の許可を得ている業者に限られます。一般的なハウスメーカーや工務店に解体工事を依頼しても、それらの元請けから下請け業者に仕事が回される例も多いものです。神奈川県内でも工事現場が遠方にある場合は、下請け業者から現場近くの孫請け業者に工事が委託されるケースが少なくありません。神奈川県内には解体工事を請け負う業者が800社以上あり、その半数近くが横浜市と川崎市に集中しています。解体工事を業者に依頼する場合には下請けや孫請け業者が入るよりも、直接契約を結んだ元請け業者に一任した方が中間マージンが発生しないためコスト面で有利です。一般に解体業を営む業者はあまり遠方まで出張せず、工事を請け負うのは概ね片道1時間以内の現場に限られる傾向が見られます。神奈川県内で解体工事を依頼する場合には、できるだけ近くの業者を選んだ方が費用を安くできる可能性が高いのです。解体工事業者のサービス内容も業者によって異なりますが、解体作業の他に工事や道路使用許可に関する役所への申請手続きも代行してくれるのが一般的です。人口の多い住宅密集地では防音パネルや防音シートを設置して騒音に配慮した上で解体工事を行いますが、それでも騒音の発生は避けられません。近隣への挨拶なども業者が代行するのが一般的ですので、工事を依頼する際には防音対策も含めて事前に確認しておくといいでしょう。解体工事を実施すると大量の産業廃棄物が発生しますが、廃棄物の処理も業者のサービス内容に含まれるのが普通です。廃棄物の中間処理から最終処理までの過程を記録したマニフェストを解体工事業者に確認した上で契約すれば、後々のトラブル回避につながります。

Copyright© 2017 家屋解体を検討しているなら必要な情報を要チェック! All Rights Reserved.